家庭教師の探し方


家庭教師というと、一昔前までは、学生が短い拘束時間で高い時給で行える、比較的簡単なアルバイト、というイメージが強い職業のひとつでした。 家庭教師をしてくれる学生を探す方法も、人づてを頼って知り合いの知り合いだったり、親せきやご近所に住んでいる方の知り合いの学生を見つけて、 個人間で契約をするということが、ごく一般的だったようです。 家庭教師のアルバイトを探している学生側も、アルバイト先や学校の先輩などに紹介をしてもらって、働き先を見つけるということが良くありました。


人づてでの紹介を介して、家庭教師を依頼することは、人となりなどがあらかじめ分かるので安心できたり、個人同士での契約となるので、料金も自分で決められることがメリットです。 ただ、家庭教師は自宅に読んで、生徒と1対1の個別指導となるため、教師自体の教え方が良くないと、学力に結び付きません。 さらに、生徒との相性もとても大切です。相性が合わないと感じた時には、人づてで頼んだ家庭教師との契約は、少し問題となってきます。


変えてもらいたいと思っていても、紹介のため言い出せないといったデメリットもあるのです。雇用される側である学生にも、生徒との相性はとても大切です。 さらに、はっきりとした契約がないため、なかなか辞められないといったこともあるのです。 最近では、インターネットなどの普及や時代の変化によって、より良い家庭教師を選びたいと思う家庭も増えてきており、また、家庭教師の探し方も少しずつ変わってきています。 学生のアルバイトではなく、専門の職業としている、いわゆるプロフェッショナルの教師も増えてきています。生徒にぴったり合った家庭教師探しの方法をご紹介いたします。


例2)

▽特選サイト
家庭教師を探すのに失敗しないために歴史のある家庭教師のサイトを紹介します。 ⇒⇒⇒ 家庭教師 探す